My Photo

twitter

November 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

旅行・地域

代官山・蔦谷書店

代官山に大型書店・蔦谷書店(T-SITE)がオープンしたというので行ってみた。

20120218_1_2

子どもの頃から本屋に行って新しい雑誌の匂いをかぐのが好きだった。今でもしんどい事があると、書店に行き雑誌の匂いをかぐと不思議と落ち着く。なので、深夜の大型書店は自分にとって心のオアシスなのである。ここは深夜の2時まで営業しているというので、夜中にバイク乗って行ってみた。

代官山T-SITE

20120218_2_2

旧山手通りをずっと南下していき、246を通り過ぎると代官山エリア。さすがに午前0時を過ぎると真っ暗だが、しばらく走ると上の写真のように煌々と灯りのともっている一角が現れる。

2階建ての建物が3棟あり、それぞれ陸橋で繋がっている形。それぞれ1Fが書店で2階はCDセル&レンタル、カフェ、DVDセル&レンタル(要するに普通にTSUTAYA )。あとファミマも併設。店内写真も取りたかったけどさすがに不可能。

20120218_3_2

ここの売りは膨大な蔵書もさる事ながら、何と言っても有名雑誌のバックナンバーがずらりと展示されている事。それが販売されているのか単なる展示なのかわからないけど、それを眺めてるだけでもあっという間に時間が過ぎてしまう。今は廃刊になってしまった「ダ・カーポ」の創刊当時の数冊とか、タイトル不明だがでっかく表紙に「AZ」と書いてあるSF百科とか、懐かしい本がいっぱい見つかる。

カリフォルニアに滞在した際、"Barnes & Noble"などの大型書店によく行っていた。あっちの書店はどこもかしこも天井が高くて、天井いっぱいまで本が詰まっている。平日の昼間なんかに行くと、書架の前に座り込んで読みふけっている若者がいて、なんとなく図書館みたいな雰囲気だった。ここはそんな雰囲気を再現している気もする。

20120218_5_2

ただし、実際に新刊を購入しようとするとかなりいろいろ問題がある。まず、広すぎてどこにあるのかわからない。最近はどこも検索システムが置いてありここもそうなのだが、あいまい検索ではなく頭からの文字列一致なので書名がうろ覚えだと探せない。また、蔵書が多すぎて管理が行き届かない様でつい最近刊行された本でも、痛みのひどいものが放置されていたりする。すなわち「普通の本屋」として使うには、かえって不便という皮肉な結果となっている。バイクは2,000円分購入で1時間駐車無料。逆に1時間しか時間がないので、購入候補の本探しているうちにあっという間に時間が過ぎてしまった。

あと、オタク系はほとんど皆無といっていい。特撮・アニメムックもなければラノベもないし、幼児向け雑誌もない。一部有名コミックスとSFのコーナーがあるくらい。最近twitterでオタク文化とサブカルチャーを区別すべきみたいな発言を見たが、そういえばかつてはそうであった事を思い出した。いつの間にかオタク文化もサブカルチャーに含む様になっていて、こっちもそれに慣れてしまっていた。何となくここはそんな線引きを頑なに守ってる様に思えた。

20120218_6_2

ついでにDVDレンタルにも行ってみた。何でも「DVDになっていなかった名作を店頭でDVDにして、すぐに受け取れる」というのでメニューを探ってみたが、自分の欲しい映画は無かった。棚を眺めてみるとビデオの在庫があったので、おそらくこれから起こすのであろう。でも新宿TSUTAYA がオープンした時の衝撃はなかったなあ。

深夜にもかかわらずカフェには少なからず客が入っていた。さすが代官山。でも、本好きな人が集まってるようには思えなかった。

尾頭橋

20080406

訳あって、4月2日よりしばらく名古屋に滞在する事になりました。家族(女房と子供)と一緒に尾頭橋というところのマンスリー・マンションに居ついています。といっても東京の住まいを引き払った訳ではなく、ブログ上では詳細は控えますが事が済めば東京に戻ります。

写真は八事(霊園で有名な場所)にあった自動販売機。昔は東京でも売っていた(見かけないだけかもしれないけど)スィートキッスやらライフガードやら本家チェリオやらが普通に置いてあった。中学時代、部活の帰りに飲むのはチェリオと決まっていた。

名古屋のコンビニでは、普通に冷やしきしめんとかが買える。
スーパーでも、普通にどて煮が食える。

ビバ、名古屋食文化。

6/3,4 劇伴セッション・長瀞慰安旅行

P1010823
 さる週末、g-sessionの皆さんと埼玉は長瀞というところに旅行に行ってきました。なかなかライブも出来ずスタジオにこもりきりで少々煮詰まってきたところもあるので、目先を変えようという事で旅行の企画が持ち上がった。今回の旅行には、来月出産予定の嫁も同行させた。出産後はおいそれと泊りがけで出かける事ができなくなるので安定期に入ったら行っておけと言われているが、かといって別途計画しようにも3~4月は仕事で追われ5月は毎週イベントが入るという状況。やむにやまれず今回のような措置となり、宿も別の一部現地合流というわがままを許してもらった。ちなみに嫁さんは最近「deep sleep」という遠赤外線・体圧分散機能を持つベッドマットが手離せないので、これも持っていく。あのでっかい荷物はそれだったのだお。>バンドの皆さん

 実は今から7~8年前の夏に、長瀞行きを計画した事があった。この頃は仕事と音楽に明け暮れる日々を過しており、旅行などほとんどなかった頃。たまには友人と原チャリツアーでもしようという事で長瀞の民宿を予約したんだが、どうも雨らしいという事で急遽電車に変更。西武新宿駅は雨だったけど乗り換えの所沢駅では大晴天。気持ちはいやが上でも高まるんだが電光掲示板に長瀞に向かう秩父鉄道は大雨のため運行休止の文字が!運転再開のめどもたたず、民宿キャンセルして戻ってきたという事があった。その日新宿地区は観測史上最高の降雨量を記録したらしい。他にも初めての海外旅行であるベトナム旅行をドタキャンしたりと旅らしい旅に全然恵まれない時期だったなあ。

 そんな夢の長瀞にやっと行けた。すでにバンドメンバーのブログがあちこちに上がってるので詳細は以下参照(手抜き)。

http://d.hatena.ne.jp/feelflows/20060604#p1
http://blog.livedoor.jp/ryo3_2006/archives/50522143.html

以下mixiの日記(会員でないと読めません)
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=148632761&owner_id=302345
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=149263652&owner_id=302345
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=147261587&owner_id=1068347
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=147957012&owner_id=1068347
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=148009142&owner_id=1068347
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=147957220&owner_id=155455

 冒頭の写真は宿のあった上長瀞の河原からとった秩父鉄道の陸橋。長瀞サイドの河原(岩畳と呼ばれる)は観光地然とした雰囲気だけど、こちらは渓流と岩しかない寂寥たる風景だった。今回もっとも印象深かった光景。初日はバンドメンバーと合流して天然氷のかき氷を食べたくらいで基本的には宿でへろ~。ここのかき氷でキーンとなったのは俺だけだったらしい(普通はならないらしい)。夜はバンドメンバーの宿舎訪問して打ち合わせ10分残りほとんど酒盛り。シカゴ帰りの尾山もここで合流。あんたはすごい。

P1010848
 翌朝は宿の真向かいにあった「自然の博物館」に行く。写真は古代ザメ「カルカロドン メガロドン」の復元模型のお約束ショット。その他パレオパラドキシアの復元骨格や生態ジオラマや化石ジオラマなど実に力の入った展示で、特撮魂が燃えに燃えた。

P1010879
 そして帰りに乗ったSL「パレオエクスプレス」。嫁の体調が不安定でハラハラしどおしだったけど無事予定をこなし東京へ戻る。よい旅だった。

地底の森ミュージアム(仙台)

P1010629

 19・20日で2年ぶりにJAZZピアノの師匠の墓参りで仙台に行ってきた。今回は同行者もいるという事で、一泊の小旅行もかねて。皆さん、びゅうの「驚値(おどろきダネ)」という商品はなかなかバカになりませんぞ。

 写真は仙台市内にあった「地底の森ミュージアム」。2万年前の湿地林の跡を発掘時そのままに保存してあるもの。暗がりに浮かび上がる巨大な化石群の姿は異世界のようだった。コンセプトにあわせ、1階を入り口にして全てを地下部に収めてある点など、この手の博物館にしては建物自体の作りも大変センスが良い。

 オレは”地底”とか”古代”とか”原始”とかそういう熟語に弱いのだなあ、つくづく。


ちにてんてん(名古屋お盆帰省)

200508141304000
 お盆なので、名古屋に帰省してきました。今年75になる父は、体を気遣うのか地上七階のマンションゆえ比較的涼しいからか、3日間の帰省中一度たりとてエアコンのスイッチを入れる事はなかった。
名古屋は東京に負けず劣らず暑い。どこに行っても暑い。実家にいる間はずっとパンツ一丁だった。まあ、夏休みらしいと言えば夏らしい。

 名古屋駅前は近年再開発が進んでいる。玄関口JR名古屋駅は数年前に「セントラルタワーズ」として生まれ変わった(営業開始早々に早速キングギドラにぶっこわされたが)。向かいのトヨタビルは、中高生時代に「燃えよドラゴン」「エクソシスト」「宇宙戦艦ヤマト」「実相寺ウルトラマン」などさんざん映画を見に通ったビル。それも今は取り壊され、今は名古屋一のノッポビルに生まれ変わりつつある。

 だが、その隣の大名古屋ビルヂングは今も健在だ。「ビルディング」じゃなくて「ビル”ヂ”ング」。名古屋駅を降り立ってすぐに目に飛び込んでくるこの看板は、僕が子供の頃から世界中の人が訪れる愛知万博の今年にいたるまで、ずっとちにてんてんのままだ。願わくばこのビルを立て直す事があっても名前は「ビルヂング」のままであって欲しい。ちなみに看板のとなりにはかつて銀座でゴジラに壊された森永の球体広告と同様のものが現存している(今はコカコーラになっているが)。
200508141307000

愛知万博

17日、帰省がてら愛知万博に行ってまいりました。入れたのは

「めざめの箱舟」
「グローバル・ハウス(オレンジホール)」
「マンモス・ラボ」

とりあえず、押井守と35年前の雪辱・月の石とマンモスは見られた。マンモはまるで眠っているかのよう。
化石ともミイラとも違う。太古の巨大生物の生前に近い姿が見られたのは、怪獣マニアとしては感激だった。

その他入ったパビリオンは
ドイツ館、フランス館、オーストラリア館、北欧共同館、アイルランド館、インドネシア館、ベルギー館、タイ館、南太平洋共同館、ベトナム館、ブルネイ・ダルサラーム館、カンボジア館

グッズショップのみ回ったものも含めて海外パビリオン多数。ようするに入るのにそんなに苦労しないとこばかり入った。これは35年前と同じ。テーマパークのアトラク並みの企業パビリオンに比して、こっちのが万博らしいと言えば万博らしい。ただし展示物は35年前とほとんど変わっていない気がする。

環境にやさしい万博ということだが、人にはあんまりやさしくなかったな。