My Photo

twitter

November 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

育児

ワンワンに会いに行こう

20081101_2

3連休の初日は、肌寒くも快晴に恵まれた。前の晩、ネットをチェックしていた嫁さんが「明日NHKでワンワンのショーがあるよ!」と言いだした。では行ってみようという事で、本日渋谷のNHKにでかけてきた。この行動、実に地の利が活きてるなあ。

ワンワンと言うのは、知る人ぞ知るNHK教育の幼児向けバラエティ「いないいないばぁっ!」に出演しているキャラクター。元々NHKには「おかあさんといっしょ」という伝統的な番組があったが、こちらはより低年齢層(幼稚園未入園くらい)を対象に特化した番組で1996年より放映されている。ワンワンはそのメインキャラクターであるが、中に入っているのはチョーさんという役者。演じるとともに同時にキャラクターボイスもあてているという点で着ぐるみキャラ史上でもかなり画期的。同様の例としては、過去にはピンポンパンのカータン(大竹宏)という例があるが、かなり稀である事には違いない。今日のワンワンはもちろんチョーさん。われわれ親も期待に胸を躍らせ、NHKに向かった。

この連休はNHK放送センター全体が無料開放するイベントをやっていて、ワンワンショーはその中の一部。司会のお姉さんに呼ばれて登場したワンワンは期待通りキレのいい動きと子供むけと思えない少し毒のあるトーク(「次は何々という曲です。知ってる?知ってるの~!仕事してますか?」とか)で、30分の短い時間を目一杯楽しませてくれた。最近我が家でも娘に大受けの「ワンワンパラダイス」(小杉保夫作曲のなんとトランスナンバー)で始まり、会場の子供たちは大盛り上がり。ボンボンを自作していったわが娘も嫁のひざの上で踊りまくる。以降「おひさまとダンス」「だいこんどですか」などノリのいい曲が続き、最後は「ぐるぐるどっかーん(体操曲)」でシメ。

チョーさんは1957年生まれ。もう50歳を超えている。それで20kgあるという着ぐるみを着て、演じ声も当てながら踊る。こんなハードな事を毎日やっているのだ。ワンワンとチョーさんは、大袈裟でなく子供たちのみならず、われわれ親たちにとってもスーパースターである。いつまでもそのサービス精神でわれわれを楽しませてほしい。

写真は会場をウロウロしていたBSのキャラクターななみちゃんと記念撮影。娘がじっとしていないので、父ちゃんヘトヘト。

渋谷NHKで連休中ずっとイベントをやってます。ワンワンに会いたい人は是非どうぞ。

NHK秋のふれあいフェア

ワンワンに会いに行こう

20081101_2

3連休の初日は、肌寒くも快晴に恵まれた。前の晩、ネットをチェックしていた嫁さんが「明日NHKでワンワンのショーがあるよ!」と言いだした。では行ってみようという事で、本日渋谷のNHKにでかけてきた。この行動、実に地の利が活きてるなあ。

ワンワンと言うのは、知る人ぞ知るNHK教育の幼児向けバラエティ「いないいないばぁっ!」に出演しているキャラクター。元々NHKには「おかあさんといっしょ」という伝統的な番組があったが、こちらはより低年齢層(幼稚園未入園くらい)を対象に特化した番組で1996年より放映されている。ワンワンはそのメインキャラクターであるが、中に入っているのはチョーさんという役者。演じるとともに同時にキャラクターボイスもあてているという点で着ぐるみキャラ史上でもかなり画期的。同様の例としては、過去にはピンポンパンのカータン(大竹宏)という例があるが、かなり稀である事には違いない。今日のワンワンはもちろんチョーさん。われわれ親も期待に胸を躍らせ、NHKに向かった。

この連休はNHK放送センター全体が無料開放するイベントをやっていて、ワンワンショーはその中の一部。司会のお姉さんに呼ばれて登場したワンワンは期待通りキレのいい動きと子供むけと思えない少し毒のあるトーク(「次は何々という曲です。知ってる?知ってるの~!仕事してますか?」とか)で、30分の短い時間を目一杯楽しませてくれた。最近我が家でも娘に大受けの「ワンワンパラダイス」(小杉保夫作曲のなんとトランスナンバー)で始まり、会場の子供たちは大盛り上がり。ボンボンを自作していったわが娘も嫁のひざの上で踊りまくる。以降「おひさまとダンス」「だいこんどですか」などノリのいい曲が続き、最後は「ぐるぐるどっかーん(体操曲)」でシメ。

チョーさんは1957年生まれ。もう50歳を超えている。それで20kgあるという着ぐるみを着て、演じ声も当てながら踊る。こんなハードな事を毎日やっているのだ。ワンワンとチョーさんは、大袈裟でなく子供たちのみならず、われわれ親たちにとってもスーパースターである。いつまでもそのサービス精神でわれわれを楽しませてほしい。

写真は会場をウロウロしていたBSのキャラクターななみちゃんと記念撮影。娘がじっとしていないので、父ちゃんヘトヘト。

渋谷NHKで連休中ずっとイベントをやってます。ワンワンに会いたい人は是非どうぞ。

NHK秋のふれあいフェア

撤廃!ベビ子シールド

20071216

3月からリビングのスペースをベビ子部分と夫婦部分に分けていた通称「ベビ子シールド」を昨日撤去した。3月頃から約9ヶ月間のお勤めだった。つかまり立ちの始まったベビ子が不注意でケガなどしないために、逆に言えば40インチの液晶テレビなどの被害を食い止めるため、家に余っていたルミナスのパーツを利用して作成した。以下関連日記。

完成!ベビ子シールド

そもそもリビングの入り口から窓に到る生活導線を分断していたわけで、通行のたびにまたぐのはやはりストレスであった。また安価な分耐久性もないためか、寒冷紗は数ヶ月おきに取り替えなければならない手間(夏にはこの作業中にツメをはがしたりした。しかもライブ直前に)。さらに突っ張りで壁に固定していたわけだが、一度力のバランスが崩れると途端にグラグラしてくるので、再固定しなければならなくなる手間。しかも、ベビ子もどんどん成長してくるわけで、つかまってゆらしたり反ってみたり寒冷紗を突き破ったりとだんだんとシールドの用を成さなくなってきた。

そんなこんなでようやく撤去を決意。問題の40インチ液晶は一時はアクリルのフィルターを特注で作る事も考えたが、コスト的に納得いかず断念。結局オレの寝室に持ち込み、ここには2台目の格安テレビを設置(とわいえ地デジ対応)。最近は「いないいないばあ」と「おかあさんといっしょ」は必須なので、それを録画するためのレコーダーも置いておく。新生児期に知人からゆずってもらったサークルは常時設置にして、食事中など必要に応じてベビ子を入れておく。ちなみにシールドの素材だったルミナスは分解し、次に作るラック類のパーツになる。寒冷紗もきれいな部分は書棚用に回した。いや、実に汎用性が高い(こうしたオレの汎用性・再利用性へのこだわりは、ほとんど強迫観念だと嫁に言われた)。

いや、ほんとにスッキリひろびろして楽。この9ヶ月の苦労が報われたかのような快適さである。生活導線を確保・整備するというのは何にも増して大事な事と痛感する。これからもまた新しい問題に次々直面するであろうけど、それも成長の証。

さてうちの娘も1歳5ヶ月でだいぶ子供らしくなってきた。そこで今まで「ベビ子」で通してきたネット名を本日変更します。その名は・・・

チャキ子

「チャイルド・プレイ」というホラー映画に登場するチャッキーという人形に似ているため。とりわけ、怒ってぐずっている顔が激似。

断乳

20070920_2

仕事の切れ目でもあるので、先週の土曜日から休暇に入る。10日間休む予定だけどこの休暇を利用して我が家ではベビ子の断乳(おっぱいをやめさせる事)を行う事になった。

何をするかと言うと嫁が実家に帰ってベビ子と私だけで過すというもの。この出産以来の大イベントを日曜から水曜まで計3泊4日かけて何とか乗り切った。

9/16(日)
午前中最後のおっぱいを与え嫁は実家に戻る。嫁にしてみれば出産以来一人で寝るのは初めての事。もちろんベビ子も私も初体験。かくして断乳作戦はスタートした。午後は近所のこども館行ったりして過す。夕方入浴と食事を済ませていったん散歩連れ出し寝かしつける。昼寝がなかったので比較的早い時間に寝ついてくれた。これで安心と思いきや甘かった。夜10時過ぎに起きだしてきた。ここでいつも嫁がおっぱいくわえさせてまた寝付かせるのだけど今夜はそれがない。約30分泣き叫んだ後、もう一度散歩つれていって寝かせた。やれやれと酒飲んでこっちも寝る。

9/17(月)
午前中新宿中央公園を散歩。Big-JバンドのZZさんが初台に来たのでベビ子を連れて会いに行く。そのうちベビーカー上で寝たため、外食して帰る。起きたらこども館。その後入浴・食事を済ませ例によって散歩して寝かしつける。ここまで比較的早い時間にこなしたので、今日は楽に行くかなと思ったら甘かった。目覚めたベビ子は前日にも増して大泣き。1時間弱続いてさすがにめげてきたがやがてふて寝のような形で寝入った。こうなる形が理想らしい。

9/18(火)
午前中初台方面を散歩。お昼食べさせて勝手に遊ばせていたら、いつの間にかおもちゃに埋もれて眠っていた。こんな事は過去になかった事。確実に何かが変わっている。お目覚め後はこども館・入浴・食事・散歩の基本コース。ここで寝るんだがまた数時間後泣いて目覚める。さて前日・前々日の悪夢が蘇るものの抱っこしてあやし少し疲れたのでリビングのとある場所に置いたらすぐに寝落ちた。奇しくもそこはベビ子が新生児の時に寝ていた場所。どうやら確実に睡眠の新しいパターンを確立したようだ。

9/19(水)
午前中初台方面を散歩。お昼食べさせてベビーカーに乗せたら寝た。昼寝させるパターンはだいたい確立したようだ。そして夕方近くようやく嫁が帰ってくる。実家でリフレッシュできたようだが、それでも断乳後お乳がたまっているので胸が痛くてたまらないらしい。しばらくはまたそれとの戦いらしい。それにしても当方ももう限界。正直ほっとした。

という訳で我が家の断乳作戦はなんとか峠を越えた。これまでは毎晩の寝かしつけに夫婦ともどもヘトヘトになっていただけに、少し嫁の負担が減ってくれる事を期待する。また、これまでも結構子育てはサポートしてきたつもりだが、24時間赤ん坊につきっきりというのはこれまでとは比べ物にならない大変な重労働だった。しかもこれが毎日続くのだから、これまでの嫁のストレスは大変なものだったのだなあと。

それにしても、家に居る日はこども館連れて行く事や入浴・食事・寝かしつけ散歩は基本私の仕事。それは断乳後も変わらないので、当方の仕事は全然減らないのねん。休暇中はほとんど毎日家にいるので・・・(T^T)。

アサガタ

新しく始まったゲキレンジャーの敵の話ではなく(それは臨獣拳アクガタ)。

先週から我が家では生活時間のシフトが始まった。
ベビ子が少し夜更かしになりつつあるので、
親の生活から改めなければならないという事で就寝時間を早くしたのだ。

当初の目標は夜9時。初日はさすがにうつらうつらだったけど、
2日目からはしっかり大爆睡。
われながらアホかと思うくらいの寝つきのよさである。

だがしかし、それとは別に夜9時就寝はあまりに余裕がない。
今は職場がバイクで20分くらいなのだが、
夜7時に仕事上がっても寝る時間まで1時間半くらい。
その間に食事してお風呂入って等こなすというのはかなりせわしない。
結局今は10時~11時の間に落ち着いた。

従って当然起床時間が早くなった。
夜はベビの寝かしつけや散歩に費やす事が多いので、
自分のやりたい事はどうしても朝の時間にシフトする。
今はだいたい毎朝6時には起きている。
それから仕事にでかける9時半までが今のところの自分の時間。
それでもベビが起きてしまったら、何もできなくなるが。

かくして小4でラジオの深夜放送を覚えて以来の完璧夜型人間だった俺の
生まれて初めての朝型生活が始まった。
まだ体が慣れていないせいか、宵の口になると
眠くなってきたり体がだるかったりする。
しかし、お酒も減る、お金も使わない、睡眠不足も解消すると
考えてみればいい事ばかり。

当面の問題は、飲み会があった時だなあ。
飲んでる間に寝ちゃったりして。

突発疹

先週の土曜の朝の事、ベビの様子がおかしい。ぐったりしていて動きがにぶいのだ。
で、熱をはかってみたら39度前後!あわてて病院探して担ぎこんだのだが、どうも突発性発疹(突発疹)ではないかとの見立て。ただし熱が下がって発疹が出てくるまで断定はできないので、気をつけてあげてとの事。
うちの子は普段元気がよくてよく動くので、こういう時はわかりやすくて助かる。

突発性発疹

そして火曜ようやく発疹が出たので、まずは一安心。昨夜は久しぶりのお風呂だった。
親子ともども初めての発熱体験でした。

土曜はBig-Jのライブが入っていて一時はキャンセルしようと思ったけど、
バンドの出番に間に合うように行って演奏だけして帰ってきた。
落ち着かない日々だが、これが今の日常なんだわ。