My Photo

twitter

November 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« 手塚治虫の短編が好き | Main | 特撮系展覧会巡り・その(1) 9/22「特撮博物館」 »

「おおかみこどもの雨と雪」娘6歳、はじめての映画館

本日幼稚園の夏休みに入ったばかり娘と映画を見に行った。タイトルは「おおかみこどもの雨と雪」。多方面から注目を浴びる細田守監督の最新作であり、一見マニアックなおたく父さんのお仕着せに見えるが、この映画を選んだのは娘自身だった。これが彼女が人生で初めて映画館で見た映画なのだ。この国では、幼児が初めて劇場に足を運ぶにあたっての選択肢は大変多いと思う。アンパンマン、ドラえもん、しんちゃん、プリキュア、ポケモン、ライダー&戦隊、ウルトラマン、海外も含めればピクサー物なども。そのどれでもなく「おおかみこども」が彼女の劇場初体験だった。正直、おたく父ちゃんとしてはちょっと自慢したかったりする(笑)。

まずは私の感想から。ネタバレやストーリーの核心に触れる事は書いてないつもりですが、事前情報は一切不要という方はご注意願います。






最初から最後まで淡々と物語が進行していく。ありていに言えばただの子育ての物語。子育てというのは、どこの家庭でも一大イベントであり、子供は特別な存在で、親は等しく犠牲を強いられる。だからひとつとして同じ物語がなく、このお話もそんなそれぞれの家庭に無数にある子育ての物語のひとつ。この映画の家庭は子供が何かの拍子でおおかみになってしまい、しかも母親しかいない。そういう普通よりは人一倍苦労の多い家庭の子育ての物語であり、それ以上でもそれ以下でもない。いや、こんな事実際にあったら”人一倍”ではすまないかもしれない。だが、送り手自身がそう思わせないような抑えた表現を徹底している。そこがとても印象的だった。

途中「『北の国から』かよ」と思ったりもしたが(笑)、あそこまで過剰に都市生活との差異を主張することもない。クライマックスにはそれなりにイベントがあるが、特に心を揺さぶられるようなこともなくエンディングを迎える。しかし、エンドロールを眺めているうち心の底から何かがこみ上げてくる。そこで涙があふれた。もしかすると、立場によって違う印象を持つ作品なのかもしれない。

娘の話だが、初めての映画館でおとなしくしていられるかが懸念だった(どっちかと言えば、活発な子なので)。知人からは、子供が飽きて途中で帰るとグズりだし、続きが見たくても泣く泣く映画館を出たという経験談を聞いてもいたのでその覚悟もしていた。2時間10分という長丁場、途中ゴソゴソとしたりはしたものの最後までおとなしく見ていた。雪と雨が成長してからは少し退屈だったようだが、自分と同じくらいの年代のシーンはニコニコして画面に食いついていた。終映後「どうだった?」と聞いてもあまり何も言わない。まあ、そんなもんだろう。でも、後で映画のセリフを反芻したりしていて、それなりに心には残っているようだ。

私が初めて劇場で見た映画はおぼろげな記憶を頼りに公開年月日を調べてみると、どうも1966/4/17「大怪獣決闘ガメラ対バルゴン/大魔神」らしい。次に1966/7/31「サンダ対ガイラ/ジャングル大帝」、1967/3/19「サイボーグ009怪獣戦争/少年ジャックと魔法使い」、1967/7/22「ウルトラマン/キングコングの逆襲」と続く。(009は東映まんがまつりの第1回らしい)やはり5~6歳の頃だった。この話をTwitter でつぶやいたら何人かから反応があり、この年齢が劇場デビューの人が多かった。最初に劇場で見る映画というのは最初に自分の小遣いで買ったレコードと同じくらい重要だと思うのだ。少なくとも自分にとってはそうだった。特に6歳の頃はテレビでウルトラQやウルトラマンが始まった年でもあるし。その後の人生、ここで決まったものなあ(笑)。

今日の事は、もしかすると娘はさっさと忘れてしまうのかもしれない。でもこの映画が娘の初めての劇場体験だった事、そしてそれを彼女自身が自分で選んだ事が、父ちゃんは訳も無くとてもうれしい。いつもはライダー映画などでよその子が使うのを眺めているだけの補助椅子、何も教えていないのに娘は勝手に自分で確保していた事が新鮮だったり。間違いなく今年の夏の大切な思い出のひとつ。

« 手塚治虫の短編が好き | Main | 特撮系展覧会巡り・その(1) 9/22「特撮博物館」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42595/55258937

Listed below are links to weblogs that reference 「おおかみこどもの雨と雪」娘6歳、はじめての映画館:

« 手塚治虫の短編が好き | Main | 特撮系展覧会巡り・その(1) 9/22「特撮博物館」 »