My Photo

twitter

November 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« 好きなキーボード・ソロの話 | Main | コンビニ本2010夏 »

読書ノート(2010年5月)

凄い時代 勝負は二〇一一年社長になる人に知っておいてほしいことバンビ (手塚治虫文庫全集 BT 55)

<単行本>
凄い時代 勝負は二〇一一年/堺屋太一(講談社)
社長になる人に知っておいてほしいこと/松下幸之助[述](PHP総合研究所)
<コミック>
バンビ(手塚治虫文庫全集)
<雑誌>
週刊ダイヤモンド2010年4月17日号「もっと知りたい!ドラッガー」

5月は連休があった(通勤時間が主な読書タイムであるため)のと、残りは「ゴジラ未発表資料アーカイヴ」という大冊に取り組んでいるのとで、読了数自体は少ない。しかし最近ブログは読書ノートばっかりだなあ。

今月より「東洋経済」誌の年頭特集「ビジネス書ランキング&経営者が選ぶこの3冊」の中から、気になる物を読破していく事に着手。今月は上記2冊が図書館から予約が回ってきた。

「凄い時代 勝負は二〇一一年」当方堺屋太一氏の時流を見通す力には、かなりの信頼を置いている。以前にも出世作となった「団塊の世代」を読んでみたが、70年代中盤の著作にしてすでにコンビニエンス・ストアに言及しているという恐るべき先見性。実は私がシステム・エンジニア業を志すきっかけのひとつとなったのもこの人の著作である。今作は昨年秋の出版であるので、民主党政権交代時点での時流分析と展望が詳述されている結構な大冊。「サブプライム・ローン」や「リーマン・ショック」の金融危機を中心に世界の政治・経済の時流をわかりやすく解説してくれているが、ものすごい情報量なのでそれを読破するだけでかなりの労力を要する。また多くの新語を浸透させてきた氏であるが近年頻出する「知価革命」という言葉は、今イチ浸透していない。まずその良し悪しすらよくわからない。正直、情報量に圧倒されて今後の指針めいたものは見えてこなかった。キーワードは「健全は楽天主義」。

「社長になる人に知っておいてほしいこと」私は一応会社を経営しているが正確には社長ではない。何人かの社員の生活の面倒をみていなければ社長とは言えない。私が”社長になる人”かどうかはおいといて、松下幸之助氏の著作は未読なのでこの機会にという事で。本作は故・松下氏が過去の不況時にどんな言葉を残してきたかを綴るもので、現在の不況に際し「過去から学ぶ」という意図で編集されたもの。その語る内容はシンプルで、自然の流れをおろそかにしないという印象を受けた。ノウハウというより哲学。手法というより心のあり方。そんなものがたくさん詰まっている。薄くて装丁も質素。THE BEATLESの「ホワイト・アルバム」のような一冊。

「バンビ」今回の文庫全集の目玉にこれまで復刻できなかったディズニーもの2点が含まれている事。何度も映画館に通ったという「バンビ」のコミカライズ版。「ジャングル大帝」の原点はここにあった。特に動物のキャラクターなどに顕著(この影響は初期の東映動画にも感じられる)。某ミュージカル劇団の定番プログラムにもなっているディズニーアニメが「ジャングル大帝」に設定がそっくりという疑惑があったが、こういう大きな視点からだとまた違ったものが見えてくる。

« 好きなキーボード・ソロの話 | Main | コンビニ本2010夏 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42595/48634200

Listed below are links to weblogs that reference 読書ノート(2010年5月) :

« 好きなキーボード・ソロの話 | Main | コンビニ本2010夏 »