My Photo

twitter

November 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« March 2010 | Main | May 2010 »

April 2010

読書ノート(2010年4月)

邪悪なものの鎮め方 (木星叢書)なぜ若者は保守化するのか-反転する現実と願望週刊 ダイヤモンド 2010年 4/17号 [雑誌]

<単行本>
邪悪なものの鎮め方/内田樹(木星叢書・バジリコ)
”オーラな人々”/椎根和(河出書房新社)
人生の意味の心理学/A・アドラー(春秋社)[未読了、一・二・三・六章済]
なぜ若者は保守化するのか/山田昌弘(東洋経済新聞社)
<コミック>
ザ・クレーター(手塚治虫文庫全集)
ライオン・ブックス1~3(手塚治虫文庫全集)

「邪悪なものの鎮め方」書店でタイトルを見て、「これは絶対読まねば」という直感に従い図書館で借りた。直感は当たった。これは複雑な現代を生き抜くための良質なテキスト。特に日頃何がしかの生きにくさを感じている人には、問題解決のヒントと勇気を与えてくれるであろう。筆者は「現代霊性論」でスピリチュアル・ブームなども論じているが、オカルト信者ではなく「わからないものはわからないままにしておけ」というスタンスの持ち主。その姿勢、おおいに賛成する。ちなみにこの人が過去に書いた「下流志向」はすでに読んでいた。
「人生の意味の心理学」俗に言うアドラー心理学の原典。さすがに歯ごたえあり過ぎて、読了できないまま返却期限が来てしまった。いずれまた取り組む日が来るであろうという事で。
「”オーラな人々”」大学の頃、片岡義男氏のエッセイなどを読んで「こんな生活を送っている人達というのは、どういう仕事の仕方をしているんだろう?」と不思議に思ったものだった。本書はそんな青臭い感慨を抱かせてくれる、有名人との交遊録。横尾忠則とか三島由紀夫とかの巨人が、日常生活に平気で割り込んでくる。「飲み友達」くらいの普通のノリで。
「なぜ若者は保守化するのか」現代において一番割りを食っているのは若者たちであるという。その現状だけでなく、様々な社会問題を読み解く1冊。雑誌「東洋経済」に連載されたコラムをまとめたものなので全体にまとまりにかける感はある。『パラサイト・シングル』『格差社会』という言葉を浸透させた人らしく、連載誌に対する信頼とも相まってその分析にブレはない。例えば、諸悪の根源のように言われる「非正規雇用問題」を「正規」に格上げするだけでは問題解決にはならない、と訴える。なぜならこれまで「非正規雇用者」の主たる業務であった単純労働は、絶対になくならないから。
今月は手塚治虫漫画全集から、昭和の2大アンソロジーを買い揃える。これはまた、機会をあらためて書いてみたい。

ところで最近ベストセラーとなった「FREE~〈無料〉からお金を生みだす新戦略)」を特集した週刊ダイヤモンド。3月に発刊されたこの号が、未だに書店に平積みしてある。本物のみならずそれを特集した周辺雑誌まで売れてしまっているという例。今月はまた「もしも高校野球のマネージャーがドラッガーの「マネジメント」を読んだら(通称もしドラ)」の特集号が発刊された。これまた売上げを伸ばしそうな雰囲気。大冊の本家を紐解かずしても、大方読んだ気分になれる。ある意味「WinWinの関係」の一種かも。

読書ノート(2010年3月)

生きがいについて (神谷美恵子コレクション)老後に本当はいくら必要か (祥伝社新書192) (祥伝社新書 192)妖怪人間ベム (講談社漫画文庫)

<単行本>
生きがいについて/神谷美恵子(みすず書房)
暴走育児―夫の知らない妻と子のスウィートホーム/石川結貴(ちくま新書)
やればできる―まわりの人と夢をかなえあう4つの力/勝間和代(ダイヤモンド社)
「年収6割でも週休4日」という生き方/ビル・トッテン(小学館)
老後に本当はいくら必要か/津田倫男(祥伝社新書)
<雑誌・MOOK>
ミュージック・マガジン2010年2月号「【特集】どうなる?これからの音楽生活」
中平卓馬 来るべき写真家(KAWADE道の手帖・河出書房新社)
<コミック>
妖怪人間ベム/田中憲(講談社漫画文庫)

3月に読んだ本の感想を取りまとめて。他に図書館などで雑誌を定期的に読んでいたりブックオフで中古マンガ買ってたりするがきりがないので割愛。この中で自分で購入したのは「妖怪人間ベム」のみ。あとは図書館で借りたもの。

「暴走育児」どこかで見覚えがある文体だなと思ったら、「SPA!」で「ブレイク・ワイフ」を連載していた人らしい。香山リカ氏といい、私が引っかかる人は何故かかなりの確率で「SPA!」に縁がある。
ところで勝間本が一冊ある。このところ香山・勝間論争を興味深くウォッチしていて(いずれ書いてみたい)、「SPA」及び水木しげるフリークの当方としては香山氏におおいに肩入れする立場なんであるが、一冊くらい論争相手の本も読んでおかないとフェアじゃないと思い予約リストに入れておいたところ忘れた頃に回ってきたという次第。通勤の行き帰りで読了。「しがみつかない生き方」への回答というが、論点が全然かみあっていない印象。この人の本はもういい。
ビル・トッテン氏は株式会社アシストの創業者であるが、SEである当方にとってはある面模範としている存在。以前にも著作を読んだ事があるが、当方社会情勢の見通しについては堺谷太一氏に、そして業界の見通しについてはビル氏にかなり信頼を置いている節がある。
「老後に本当はいくら必要か」タイトルから想像される人生設計的な内容ではなく、常識的な老後の備えに対する営業トークのウソを指摘し、定年退職・年金生活という定番の老後生活を打破しようという提案。誰もが今後迎える少子高齢化社会を生き抜くための新しいライフスタイルの提言。だいたい自分が考えている事と一致する。それにしてもビル氏の著作といい、どうも今私はこれからの生き方を模索しているらしい(笑)。
ミュージック・マガジンは数年前の「CDはどこへいく?」に続く音楽業界の未来を憂える特集。時代の変遷は当然として、重要なのは「楽しく音楽を聴いていくにはどうすればいいのか?」という問い。裏を返せばそれは音楽を取り巻く現状が『何となく”楽しくない”』と言っているわけだ。私も音楽に関わっている人間として、この『何となく”楽しくない”』状況を何とかしたいと思っている。そして数年前の特集同様、今回も明快な答えには行きついていない。ただ思う事がひとつ。CD業界同様、出版業界も本が売れていないという。その原因がネットや電子ブックの普及と不景気という。これらの変化が音楽や本がその本来ふさわしい形を取っていく進化とすれば、この不景気も必然だったと言える。ところで、同時期買った週刊ダイヤモンド「FREE特集」にも同じような話が掲載されていたが、元々ベクトルが全然違うので記事のトーンもまるで違う。ミュージック・マガジンは音楽誌だけあってやっぱしかなりウェット。このウェット感だけは今後も持ち続けていきたいと思ったりする。

« March 2010 | Main | May 2010 »