My Photo

twitter

November 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« January 2008 | Main | March 2008 »

February 2008

北の宿から

080227_201201_2080227_123602

26日(火)より一泊二日で札幌に出張してる訳だが、訳あって今夜も連泊となってしまった。
実は27日(水)のうちに帰る予定だったのだが、以下その顛末。

夕刻、雪のせいで小1時間ほど出発が遅れ気味との情報は得ていたが、
一応飛んでいるみたいだったので千歳空港に向かう。

予定していた19時25分発羽田行きは、千歳到着時点で19時50分発に遅れていた。
むしろ余裕ができたとゆっくりお土産を買い、食事を済ます。
そのうち出発時刻が20時10分→20時30分→20時50分とどんどん遅くなり
同じく遅れていて空港営業時間が来たので仙台行きが欠航になるなど
少し不安になるが、とうとう搭乗手続きが始まる。
やれやれ、これで東京帰れると安堵。
(東京より近い仙台行きのが先に欠航になる不思議)

ところが飛行機は一向に飛ぶ気配がない。
どうも機体や滑走路の除雪作業に手間取っているらしい。
時折うとうとしながら機内で待つ事2時間半、
23時ちょうどについに機長より欠航のお知らせが鳴り響く。

この瞬間、拍手する若者どもがいたけど一体何なんだ?
がっかりくるとこを無理矢理明るくふるまっているのか、
あるいは疲労のあまり脳内に変なもんが出てナチュラルハイになってるのか、
何にしろこの元気はうらやましい。

さて問題はこれから。
翌日の搭乗の振替をしなければいけないのだがこれがまた長蛇の列。
家にメールを打ってるうち、携帯の充電が切れる。

ようやく振替終わって24時。この時点で千歳周辺のホテルは満室。
タクシーもない。空港泊するしかないか、と途方に暮れていたら
札幌市内に向かう発車寸前の深夜高速バスを偶然発見。
とりあえず札幌行けばなんとかなるだろと飛び乗る。
そして1時間半後にすすき野到着。
目の前にあった東急インにとにかくチェックイン。
んで、今部屋でブログ書いてる。生き返った~。

明日28日は急用で名古屋の実家に帰る予定であったが、それも適わず。
いろいろ予定が狂ったけど大自然の大いなる営みの前には、
そんな個人のちっぽけな思惑など何の意味もない事を痛感する。

写真は一旦乗っておろされた飛行機、及び昼に食べたホッケフライ定食。
私白身魚のフライは目がないのだけど、ホッケはあまりフライには向かないと思う。

オレの聖地は違うなあ

今週仕事の関係で毎日東京ビッグサイトに出向いている訳ですが。
自販機でこんな缶コーヒー売ってるのを発見。

080220_160702080220_160801

いやまあ、言いたい事はわかるんですが・・・

080220_160701

なんで普通のより高いんだよ!
(ここは映画館の中でも山小屋でもスキー場でもないので、一般の缶コーヒーはその辺の自販機と同じお値段です。)

さあ歩きはじめよう

20080217_1
昨日と本日で久しぶりに音楽機材のセッティングと火入れ(電源を入れる事)を行った。劇伴セッションの前回のライブ(2007年7月)が終わった後、家庭の事情でしばらく音楽活動を休止せざるを得なくなった。で一旦搬出した機材類は持ち帰り後放置状態。その後あまりの猛暑にエアコン付きのマイルームを嫁とチャキ子(娘・一歳半)の寝室に明け渡し、機材ともどもマイルームはエアコン無しの和室に移動。そしてまたしばらく放置するわけだが、年明け劇伴セッションの再起動に伴いようやく使える様にした。写真はなんか”田舎の実家ではこんな風にやってました”な絵ですが、あくまでここは東京の西新宿です(笑)。

機材と言っても音源鳴らしながら鍵盤2台の練習をヘッドホンして出来るくらい。そう言えばミキサーを買い換えるつもりで古いの廃棄して、暫定的にPorta2引っ張り出してきたんだがそのまま。機材関係に割ける予算はしばらく立たないなあ。機材をたくさんマウントできるラックも、今はパワーディストリビュータとエコーマシンとパッチベイのみ。このガランとした部分に空間的な無駄を感じる。打ち込みによる曲作りを再開したいと思いつつ、状況に流されてもう何年になるのか。というかあまりに多くを求めても、それも無いものねだりというもの。音楽だけやっていこうと思っても道はいくつもあって、しかもどれも面白いから困ったもんだ。

この間何もしていなかったというとそうでもなく、11月には昭和歌謡ロックバンド・Big-J Bandの10周年記念ライブに参加。年明けから劇伴セッションも順調に2回のスタジオ入りを果たしている。つか、そのくらい。オレ史上こんなに音楽から離れた時期というのは、ほんと数えるほど。

一昨年は家庭を持つ事の喜びを知り、そして昨年は逆にその重さをイヤという程味わった年だった。今は何かが済んだとか、乗り越えたとかそういう事ではない。これからもいろんな事が起きてくる。それが日常。だからこそまた始める。何度もそうやってきた。

でもなあ、今のこの部屋はエアコンもなく窓もハメ殺しのため真夏はほとんどいられない。基本的に夏はここで何もできないくらいの覚悟でいないと。
20080217_2
ところで今日はお雛様も飾った。今年はここ最近の私の寝部屋に。その結果布団ひけるスペースが無くなったため、ひな祭りまでは上記の自分の部屋で寝起きする事になった。要するに家の中を寝場所求めてさまよい歩いてるだけの事なのだな。

« January 2008 | Main | March 2008 »