My Photo

twitter

November 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« ガロン2代目 | Main | 31年目の「永遠の詩」 »

宇宙はどんな音がする?

20071110

 ウルトラセブンの話題の中でも、かなりの頻度で出てくるのが「宇宙音」。
宇宙は真空なので実際には何の音もしていない。
なので「宇宙音」という言葉自体矛盾しているのだけど、
聞いて納得本当にこんな音がしているように思えてくるから不思議。
パルスの様な音が、オクターブ上までゆっくりと上昇(ベンド)し、
その後ランダムに音を散りばめる。
基音を変えてこれを繰り返すのが基本パターン。
まさに「宇宙の音」としか表現しようのないのがこの音なのである。

 当初これをMナンバー付の劇伴だと思っていたのだけど、実は
これまでに発売されてきたどの音盤にも収録されていない。
どうも効果音として分類されているらしく、しかも数少ない効果音の
商品化の機会からも収録は漏れている。

 思うにどことなく現代音楽風(無調)の味わいがあるので、
やはり冬木透氏の手が染まっている気がする。
だから効果音というと少し違和感がある。
当初私は「ペガッサシティ」のバックに流れていたと思っていたのだけど、あれは全く別の劇伴(M11)。
ただし音の感触は近い。

 代表的な使用例は#07「宇宙囚人303」、#29「ひとりぼっちの地球人」、
#37「盗まれたウルトラアイ」など。何故か地味なエピソードばかり(笑)。
特に#37はプレネタリウムでの使用という珍しい例。

 ところでマンでも「怪獣墓場」や「科特隊宇宙へ」で流れたとかという情報があるが、
あちらは東宝からの流用でかなりテイストを異にする。
しかしながら、同じ東宝でも「キングコング対ゴジラ」の冒頭の地球儀のシーンで
流れる宇宙音にかすかにその源流を感じる事ができる。謎は尽きない。

 ところで写真の人はいつからヴィラ星人になったのか。俺の子供の頃は「ビラ星人」
だったのに。「ビラをまく」のビラが命名の由来だからと何かに書いてあった気がする。

« ガロン2代目 | Main | 31年目の「永遠の詩」 »

「特撮」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42595/17036573

Listed below are links to weblogs that reference 宇宙はどんな音がする?:

« ガロン2代目 | Main | 31年目の「永遠の詩」 »