My Photo

twitter

November 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« 楽器バトン | Main | ガロン2代目 »

怪獣と美術(三鷹市美術ギャラリー)

20071020
先週末から嫁とベビ子が風邪で体調を崩しており、今日も家賃更新したりお医者さん行ったり買出ししたりと家の事で忙しかったわけだが、夕方少し時間が空いたのでかねてから行きたかったタイトルの展覧会に行ってきた。場所は三鷹の「三鷹市美術ギャラリー」という現代アートを定期的に展示するスペース。過去には谷岡ヤスジ氏の展示も行っていたりと、割と柔軟な姿勢でいろんなものを取り上げているようだ。同じような展示では過去に六本木のストライプハウスギャラリーで「高山良策展」、岡本太郎美術館の「ゴジラ展」などに行った事がある。今回はQ・マン・セブンのヒーロー・怪獣デザインで知られる成田亨氏の作品が中心であったが、実は過去にも成田氏の展覧会は行っている。

で、成田氏のデザイン画や彫刻作品のほかに、高山氏の造形物(ほんの少し)と本来画家でもある氏のシュールな絵画(これがかなりおどろおどろしていて怖い)、さらに池谷仙克氏のデザイン画や関連造形物まで展示してあってかなり充実した内容だった。自分が日本の特撮映像にかくも長きに渡り惹かれ続ける理由のひとつが、怪獣に代表される「異形なもの」への愛。加えてシュールリアルな表現には目が無いので、成田氏のデザインは眺めているだけで至福なのである。

ところで、私昭和62年にも成田亨さんの個展に行っている。 以下がスキャンした当時のチケット。
Photo
上京した後のことだったけど、確か名古屋で見たと記憶している。この時期「宇宙船」誌上を中心に再評価の機運が高まっていて最初のデザイン展がいつ頃だったか調べてみたら、1983年の16号の欄外に告知があった。「フォーラム六本木アネックスビル5F・12/1~30まで」とあり、当時私はまだ岐阜にいて思いっきりうらやましく思ったものだけど、すでに上京する事は決まっていてやがてくる”東京の春”に胸を膨らませていたっけ。同誌上で「U-ジン」というオリジナル・デザイン企画の連載があったり、海洋堂が新デザインの怪獣のガレージキットを出したり、豪華な画集も2冊刊行されたりと次々と楽しい事があったなあ。

後年成田氏は世界中の伝説に登場するモンスターの再デザインに着手していた。その一環で鬼や竜を描いていったのだけど、私が行った展覧会も多分その頃のもの。そういえば「アギ鬼神の怒り」という映画のビデオパッケージも成田氏じゃなかったかな。

ところで会場では豪華な図録が売ってたが、これは先行して行った知人がすでに買ってくれている(なので今回買ってないよ>佐七どの)。しかし、以前にはクリアファイルや絵葉書まで売っていたという事実がネットで判明。やっぱこういうイベントは早いうち行いかんといかんね。

« 楽器バトン | Main | ガロン2代目 »

「特撮」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42595/17036631

Listed below are links to weblogs that reference 怪獣と美術(三鷹市美術ギャラリー):

« 楽器バトン | Main | ガロン2代目 »