My Photo

twitter

November 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« December 2006 | Main | February 2007 »

January 2007

浅草橋・人形の久月

20日の土曜日、雨が危惧される中浅草橋・久月に行きベビのお雛様を選んできた。
嫁・ベビに実家の父が一緒。家族そろってでかけるのは、昨年10月のお宮参り以来。
冬場はムーミン一家のような我が家である。そういや今年はまだ初詣にも行ってないよ。

さすがにこの時期、浅草橋は初節句を迎える赤ちゃん連れだらけ。
ベビーカー渋滞で歩きづらく、そこかしこで赤ちゃんの泣き声が聞こえた。

店内にはたくさんのお雛様が飾ってあって壮観、さながら博物館のよう。
選択の主導権はやはり嫁。ポイントはお顔で、好き嫌いがあるらしい。
ほんとは嫁とベビは家においてこようかと思ったけど、
こういうこだわりは男にはないから同行してもらって正解。
実際他の家族も「これ、顔が怖い。」などとやっていた。

いろいろ協議の結果、今後住居環境に合わせて拡張していく事も視野に入れ、
まずはお内裏様とお雛様の二人を購入。
今日びはお雛様もオプション選択可能なグレードアップ対応なのである。
はたして、ひな壇フルセットを我が家に飾る日が来るのであろーか(笑)。

ちなみに買い足して行く際、お顔などを揃えるにはお内裏様そのものを
お店に持っていって合う人形を選んでもらうそうだ。
品番や規格ではなく、こういう職人的な部分が残っているのはちょっと安心。

それにしても土曜日にあった事を今頃書いてるこのフットワークの悪さ。
この週末以降、スタジオ入りとかのバンド関係がボコボコ入ってくる。
ようやく音楽モード・スイッチ・オン。

ベビ子の読書ノート

 あいかわらずベビ子相手にいろんな本を読み聞かせている我が家だが、最近は近所の角筈図書館を利用し気軽にいろんな本を試している。その中から何冊かをご紹介。あと今回初めてアマゾン・アソシエイトを利用してみる。何しろ画像アップが楽。

■はらぺこあおむし/エリック・カール

20060113_2

「いないいないばあ」と並んで絵本界の「Dark side of the moon(ピンク・フロイドのギネス級ロングセラーアルバム)」と言うべき超有名絵本。検索かけてもらえばその受けっぷりはすぐわかるし、最近はキャラクター商品も出回っているらしい。そんならばうちもと思って借りてみた。さまざまなサイズが出版されているのだが、角筈図書館には写真のように特大サイズというものがありこれを借りてみた。隣の雑誌は比較用。近所という事でもなけりゃとても持って帰れない。

でベビ子の反応はと言えば、これを読んであげたのが三ヶ月くらいだったせいかいきなり泣かれてしまった。お世辞にも可愛いとは言えない絵柄でタッチもラフなのだけど、何しろ色使いが大人の目にも鮮烈。仕掛け本のような部分もある。何しろ巷の乳幼児には大受けらしい。うちも少し大きくなったら、もう一度読んであげようかな。

ちなみに他の絵本でもこの特大サイズは存在する。たまには趣向を変えてワイド画面での読み聞かせはいかがでしょう?あまりの迫力に泣いちゃうかもしれないけど。

はらぺこあおむし

■ももんちゃんシリーズ/とよた かずひこ


ももんちゃんどすこーい どんどこももんちゃん

角筈図書館のフリーペーパーに紹介があったうちの1冊で、表紙見て「こりゃおもしろそうだ」と借りてみた。結果はベビ子も嫁も大喜びで、シリーズのほとんどを借りてしまった。

ももんちゃんという赤ちゃんが野っぱらで金魚やサボテンやらお化けやらと遊ぶだけのお話なのだけど、おおらかでどこかシュールで実にほほえましい世界。乳幼児向けの本は繰り返しや擬音を多様するというのが大原則なのだが、この作品でもそれは徹底されている。例えば「どんどこ ももんちゃん」は走るももんちゃんに「どんどこどんどこ」とキャプションがつくページが延々と繰り返されるというもの。最後のページのオチ(?)もそれ故に実に効果的で、これはミニマル・ミュージックの効用と同種のものかもしれない(考えすぎ)。

ももんちゃんはお風呂も露天だし、船や自動車相手のかくれんぼでも大地・海を縦横無人に駆け回る。その背景はいつも青空とだだっ広い野原。それは無闇やたらな自然回帰の礼賛でも安易な癒しの強制でもなく、ひたすらにおおらかな世界。これは水木しげるの作品が持つあっけらかんとしたその世界観とも通底しているのかもしれない(考えすぎ)。うちのおすすめは「ももんちゃん どすこーい」と「どんどこ ももんちゃん」の2冊。

■みんなあかちゃんだった/鈴木まもる


みんなあかちゃんだった

こちらは乳幼児向けではなく、どちらかと言えば親向けの絵本。月齢や年齢に応じて赤ちゃんがどんな事をするかという事が可愛らしいイラストで描かれている。こう書くと育児書と同じと思われがちだが、実際に家に赤ちゃんがいると「そうそう、やるやる」といちいち頷けるような何気ない仕草が満載。わるく言えば重箱の隅的な観察眼なのだけど、その視線は暖かく愛情にあふれている。そして何よりどの仕草もとてつもなく可愛らしい。これから赤ちゃんと生活を共にする親子さん達におすすめ。

■かいじゅうたちのいるところ/モーリス・センダック


かいじゅうたちのいるところ

これはベビ子にというよりは、もうちょっと大きい子向けの児童文学。「つづれおり」で有名なキャロル・キングがアニメ映画の音楽を担当したアルバムがあると聞き、買って聴いてみたのが「おしゃまなロージー」。アニメのサントラとはいえ変に子供に媚を売っているところがなく、アンサンブルはシンプルながら覚えやすいメロディがいっぱいの好アルバムだった。この中の1曲「人生って頭痛ね」という邦題が実にいい。

この「おしゃまなロージー」ももともとは児童文学らしく、その作者がモーリス・センダックというアメリカの作家。日本ではこの「かいじゅうたち~」が有名という事で借りてみた。児童文学という事から想像される可愛らしい絵柄とは180度違う絵柄で、子供の夢や妄想そして恐怖をそのまま絵にしたような世界観。描線にも特徴があり、毎ページの描きこみも実に細かい。

そう言えば似たような絵柄の短編アニメを見た事があると思い出し、調べてみたらやはりセンダック作品だった。その作品の名前は「まよなかのだいどころ」。かように一度見かけたら忘れられない絵柄であるのだ。ちなみに「おしゃまなロージー」の映像作品は現在日本では見られないらしい。


おしゃまなロージー

2007年初

20060113_1

 皆さん、明けまして・・・ってもう半月も過ぎてしまってるし。

 昨年末はいろいろえらい目にあってまして、ネットどころの騒ぎではなくなってしまった。
(何せ会社のドメインが期限切れになってしまったくらいだったので、推して知るべし)。一時は正月休みも危うかったのだけれど、結果的に当初の予定通り11連休を取得できた(12/29の午前中だけ仕事行ったので正確には10.5連休だけど)。

 で何やってたかというと、1日だけ墓参りに名古屋に帰省しただけで基本的にずっとヒッキーな正月だった。これが楽しくないかというと実に楽しかった。何せ家には遊ぶもんいっぱいあるもんね。なんかもう最近は「家で好きな事する」というのが一番の贅沢になってきた。

 それに関連してだが、今年は何かにつけもっと余裕のある生活を送りたいというのが抱負と言えば抱負。
この1年くらいであっという間に所帯持ちになってしまったけど、仕事・家族・音楽・ヲタク道どれもあきらめないで納得のいく人生を生きてゆきたいと切に思う。少なくとも訃報を受けても身動きがとれないような仕事の仕方をしていちゃあいかんだろうと。それと今年は少し投資方面にも足を踏み入れる事ができたらよいな。

 写真はうちの近所の最近の写真。今日はもうひとつ日記をアップします。

« December 2006 | Main | February 2007 »