My Photo

twitter

November 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« 沈没する特撮 | Main | 8/15 1ヶ月検診 »

ちえの木の実

Inai

渋谷のクロスタワーそばの246沿いに「ちえの木の実」という本屋さんがある。現在の仕事場に近いのでたまに行くのだけど、ここは「子どものためのセレクトショップ」というふれこみで、古今東西の絵本や児童文学などを一堂に集めたというお店。絵本専門店はよく見かけるが、「子供の本」というくくりは珍しい。とはいいつつ子供思考が相当残っている当方が「子供の本」と聞いてまず想像する「テ○○マ○○ン」とか「て○○くん」などの類は一切ない(当たり前)。

見つけたのは今年の3月頃。試しに入ってみたら、適度にリラックスした図書館の閲覧室という感じで、真ん中のテーブルで子供が絵本を広げていたりとなかなかいい雰囲気。何よりもここは心が落ち着くのだ。以来仕事場で気持ちがささくれだったりした時など訪れては気持ちを整えたりしている。以下がサイト。

ちえの木の実

先日ここでベビ子の最初の絵本を買った。お店のおすすめは松谷みよ子の「いない いない ばあ」。日本の子供が最初に見るテレビドラマが戦隊シリーズなら、日本の赤ちゃんが最初に見る絵本がこれ、というくらい基本中の基本らしい。松谷みよ子といえば「ちいさいモモちゃん」とか俺が子供の頃に家にあったなあ。歴史の長い作家なのだ。

で試しに初めての”読み聞かせ”をやってみた。生後4週間の新生児がどのくらい把握してくれるのだろうかと疑問だったが、意外にリアクションが大きかった(ように見える)。おもしろいので何度も読んでやった(この時点ですでに親の方が遊んでもらってる)。

Erabi

ここでは以前にも嫁が妊娠中に「わたしがあなたを選びました」という絵本を買った。産婦人科医の鮫島浩二という人が書いた詩が口コミで広がったものが元で、検索すればいくらでもコピペが見つかるが、絵本という形はまた格別。

ここは子供の本だけでなく育児書や自己啓発書なども置いてあって、大人が一人で行っても充分時間がつぶせます。クロスタワーのすみや(サントラ専門店)とはしごするのもいいネ。

ところで児童文学と言えば忘れられない作品にこんなのがある。

ある日、クリスマス・イブがとばされてしまった。12月23日の次が25日になってしまったのだ。子供達は大騒ぎ。どうやら陰謀団が日付変更線を操作してクリスマスイブをとばしてしまったらしい。大変だ!僕たちのクリスマスイブを取り返せ!それで子供達はおもちゃの飛行機にワイヤーをつけて、日付変更線を持ち上げて日本をくぐらせて日付を1日前に戻したのだ!めでたしめでたし・・・・。

この本のおかげで、私はしばらく日付変更線というものは海底ケーブルのようなものが海の底を横たわってるもんだと思い込んでしまったのでした。

« 沈没する特撮 | Main | 8/15 1ヶ月検診 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事