My Photo

twitter

November 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« 7/24 命名 | Main | 沈没する特撮 »

沈没する特撮

「日本沈没」が再映画化されかなりの話題となっている。私も1973年の暮れに大いに興味を持って劇場まで見に行った中学生であった。多分まだ「ノストラダムスの大予言」鬱に陥る前の事だったと思う。当時は少年チャンピオンにさいとうたかを作画のマンガも連載され、そのコミックスは通常のそれよりもブ厚いもので”破格の扱い”を感じたものであった。ちなみにこのマンガ化の実績が、後の「サバイバル」の成功に繋がったかどうかは定かではない。おっと、話がそれた。なお、まともに原作を読んだのはもっと後の大学生くらいの頃。

 さてそんな空気感の1973年~74年であったが、「機にして敏」は特撮界の常。この時もまた多くの特撮番組が「沈没」を取り込んでいった。特にこの場合、近接したエリアで起きているだけに実にやりやすかったようで。今回「日本”再”沈没」の記念として、”特撮界における沈没ブーム”を拾ってみた。ただし、サブタイトルに「沈没」とあっても全てをネタと言い切るのは当然無理があるし、偶然かぶってしまった事もある。それは重々承知の上での、”こじつけ遊び”と捉えていただければ幸いです。

 なお特撮界では沈むだけなら、壊滅した基地とか復活した古代の島とかがいくらでもブクブク沈んでいてキリがないので、サブタイトルに「沈没」の文字が含まれているもののみを対象とした。
----------------------------------------------------------------------
流星人間ゾーン第15話「沈没!ゴジラよ東京を救え」(1973/07/09)

 「日本沈没(上)」は昭和48年3月20日が初版発行らしい。その後サブタイトルに「沈没」の文字が登場する最初のエピソードがこれ。頭がドリルになっている恐獣ザンドラが登場するが、その名の通り砂の属性を持つヤツ。こいつが穴堀まくって東京が沈没してゴジラも登場するという豪華エピソード。こういう場合「陥没」のが正しくないかと言いたくなるがまあいいとして、同じ東宝社内でこの時期すでにに映画化の企画があがっていたのか興味深いところ。

ウルトラマンタロウ 第21話「東京ニュータウン沈没」(1973/08/24)

 ただでかいだけのセミ怪獣・キングゼミラが理由もなく出現し、そのために起こる人間社会のドタバタを描いたエピソード。タロウのエピソードは概ね”子供向け”という印象をもたれがちだけど、この話など自然界のバランスが崩れた時のシミュレーションともいえるわけで、その意味で初期ウルトラ的テイストを持っていると思う。

 ゼミラは東京タワーにとまってミンミン泣いたり(でかいのでうるささも半端じゃない)おしっこひっかけたりするが全然「沈没」っぽくない。らしい描写と言えば幼虫期に地震を起こす程度。もしかすると、サブタイだけ便乗の例かもしれない。

イナズマン 第8話「恐怖砂あらし!大空港沈没!!」(1973/11/20)

 この時期になると確信犯的に”沈没”をサブタイに入れるようになっていると予測される。ザンドラと同じく砂の属性を持つスナバンバラが登場。ザンドラが穴堀まくるのに対し、こちらは砂嵐を起こして空港を沈没させるらしい(見た事ない)。おそらく飛行機が軽々と横滑りするおなじみのあのバンクも使われているのではないかな。

 また列島全体を視野に入れる作戦が多くなるのもこの時期顕著で、これまた「沈没」の影響と思えなくも無い。同番組でも4話「日本列島大爆発!!」というサブタイがあるし、仮面ライダーXにも第6話「日本列島ズタズタ作戦!」というのがある。

 1973~74年と言えば多くの特撮番組がしのぎを削る空前絶後の時代。毎週いやほとんど毎日日本のどこかで侵略活動が行われていた訳だが、各組織の幹部がこぞってベストセラー「日本沈没」を買って読んで作戦に取り入れていたと考えるとなかなかほほえましいものがある。

鉄人タイガーセブン 第17話「日本列島沈没の危機!!」(1974/01/26)

 同番組には砂原人も登場するが、このエピソードに登場するのは地震原人と海坊主原人というよりストレートなキャラ。次週の18話「伊豆半島死の攻防戦!!」と前後編をなす一大巨編。海坊主原人はトゲトゲしててどこが海坊主なのかと一瞬思うが、どうもウニの怪人らしい。地震原人はもっとモチーフがわからないが「歩くだけで周囲に大地震が発生する」という、敵にも味方にも迷惑この上ない奴。東京とか空港とか局所的だった沈没系作戦を、初めて日本列島全体に適用した記念すべきエピソード。ちなみに私の知人で「鉄人タイガーセブン」をこよなく愛する人がいます。

ウルトラマンレオ 第1話「セブンが死ぬ時!東京は沈没する!!」(1974/04/12) 第2話「大沈没!日本列島最後の日!」(1974/04/19)

 西川が愛してやまないレオの第一話。マグマ星人と二大怪獣による津波作戦により水没の危機を迎える東京、一人傷つきながらも守るセブン、そこに真っ赤な炎となって飛来するレオ!というシチュエーションはウルトラシリーズ全体を通じてもっとも燃えるシーンのひとつ。

 毎年同じような目にあっているあの世界ですが、このお話では特にモロボシ・ダンに「東京は、日本は沈没するっ!」というセリフをしっかりと吐かせていてもろに影響を伺わせる。
このエピソードを最後に「沈没」の文字を含むサブタイトルは見当たらない。映画化をピークとしてブームは去ったと言う事か。あるいは社会現象から”トクサツ”カテゴリに昇格してしまったために、取り込む対象ではなくなったのか。同じような時期に空手ブームがあったが、その余波は逆に以降何年にも及んだ。

<番外>
ウルトラQ 第20話「海底原人ラゴン」(1966/05/15)

海底火山の爆発の影響で沈み行くしかない岩根島の運命と、卵を探して島を襲うラゴンを絡めたエピソード。「沈没」の文字はサブタイにないけど、局所的とはいえ「日本沈没」のアイデアを先駆けているとも言える1本としてご紹介。
----------------------------------------------------------------------
<小ネタ>
・後に「Gメン75」に繋がっていく「アイフル大作戦」にも第41話「 地震・雷・火事・亭主!日本沈没」(1974/01/19)というエピソードがある。
・アニメだがドロロンえん魔くん第15話「挑戦!えん魔大王」には”沈没なまず”なる妖怪が登場する。
・電人サボーガー第51話「ストロングザボーガー作動停止!!」では”六大陸沈没作戦”が進行される。最終作戦だけにスケールがでかいが、いつも思うのだけど侵略が目的なのに沈没させたりズタズタにしたりして後で困らないかと・・・。
・大戦隊ゴーグルファイブには第14話「大変だ!地球沈没」、六神合体ゴッドマーズには第9話「SOS!東京沈没」というエピソードがあるが、いずれも80年代に入ってからなのでまあ参考程度。
・円盤戦争バンキッドにはタカトクトイス製の「沈没ゲーム」が、基地への秘密の鍵として使用されていた。(2007.2.4追加)
----------------------------------------------------------------------
<蛇足>
 そう言えばあのねのねにも「日本沈没の唄」というのがあった。

« 7/24 命名 | Main | 沈没する特撮 »

「特撮」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42595/40474841

Listed below are links to weblogs that reference 沈没する特撮:

« 7/24 命名 | Main | 沈没する特撮 »