My Photo

twitter

November 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« ダ・カーポ特集(「DEEP歌謡チャンネル」第2回 DEEP歌謡をあなたに) | Main | スカイラブ »

最近、響鬼

 今年の日本特撮界はなんか騒動が多い。作品そのものよりも、周辺事情の方が盛り上がってる感がある。まあ全体に活況なので(現行番組そのままで秋・冬と立て続けに新番組がくるし、新作映画も目白押し)、それ故の事なのかもしれないが。

 今日は少し前ネット上を大騒ぎ(といっても一部の層だけだが)させた前プロデューサーが番組途中で降板させられてしまった日曜朝の番組について書こう。9月のはじめにそれは起こったが、正直言うとネットで書き込みを見るまでその事実には気がつかなかった(多少フォーマットが変わったのと、急に大宮スーパーアリーナが出てきたのに気がついた程度)。案外鈍感なのかも俺。ネット界では旧スタッフ派と後任スタッフ派の諍いとなっていたが、個人的にはどっちにも肩入れする気になれなかった。

 前プロデューサーの出世作となった「クウガ」が実は私はあまり好きではない。マニア評価も高く数ある特撮番組の中でも成功作と言ってよいと思うが、主人公側の人々の描き方があまりに優等生的な点など、どうにも乗れなかった。「アギト」以降の作品が実に面白かっただけに、このプロデューサーの作風は私には合わないのかなとずっと思っていた。

 ところが、4作品を経て返り咲いた今作「響鬼」が意外に好きになれた。おそらくは主演の細川茂樹氏に対して以前から好印象を持っていたせいもあると思うけど、ヒーローというより”鬼”という特殊な職業(?)に関わる人々の生活を淡々と描いていくといった作風が新鮮だった。ちょっと意外だった。

 それでまあ9月になったわけだが、しばらくはそんなにスタッフ交代による影響は感じてなかった。でも昨日の放映はさすがにちょっと首を傾げた。前任者がずっと番組を続けていたとして、登場人物達の恋愛は微妙なままで最後まで進展しなかったかもしれないが、ここへ来て一気に引っ掻き回しにきたのは作風というより体質なのかもしれない。でも、轟鬼の2つのデートシーンのあまりに幼稚なギャグ。見ていてはずかしくなった。これでは40年前の少年マンガ誌のセンスだ。

 今のスタッフの作風が嫌いかというとそうではなくて、むしろ「アギト」「龍鬼」「ファイズ」とずいぶん感情移入しながら見てきた。現プロデューサーの思想的な部分にも大いに共感できる。だけど昨日の”響鬼”を見てしまった今は、少しだけ前プロデューサーの作風が懐かしくなった。

 まだ4分の1以上残っているし、最終回までこぎつけて初めて作品の評価は決まると思うので現時点で結論を出すのは早計であろう。その事を踏まえた上でも、今の響鬼は”恵まれた作品”とは思えない。”不幸な作品”と言ってもいいかもしれない。では、糾弾されるべきは誰か?それはやっぱり前任者であると思うのだ。

 新しいライダー像・ヒーロー像を提示し特撮ドラマの可能性を広げたという功績を残しながら、それをきちんと着地させる事ができなかった事。それは当初の成功にあぐらをかいてしまったからかもしれないし、以降は何をやっても許されると思ったからかもしれない。そしてひいてはそれが原因で後任スタッフにも多くのファンにも心の傷を残してしまった。いずれにしろ被害者とは思えない。一度この人は自分で借金をして、映画を一本完成させてみるといいかもしれない。

 もうひとつうんざりするのは、一方に批判的な意見を書くとすぐさま「信者」と「アンチ」に色分けしてしまう人々。信者でもアンチでもなく、見たままに「よかった」「悪かった」と思うファンも相当数いると思うのだ。数年前のゴジラファン・ガメラファンの諍いの時も思ったけど、どっちか派にならなきゃいけないなんてあるものか。

« ダ・カーポ特集(「DEEP歌謡チャンネル」第2回 DEEP歌謡をあなたに) | Main | スカイラブ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42595/6236563

Listed below are links to weblogs that reference 最近、響鬼:

« ダ・カーポ特集(「DEEP歌謡チャンネル」第2回 DEEP歌謡をあなたに) | Main | スカイラブ »